獨協医科大学 リウマチ・膠原病内科では積極的な最新治療の導入(生物学的製剤、抗リウマチ薬、免疫抑制剤)による関節リウマチ・膠原病治療を行っております。 また、関節リウマチの治療はリウマチセンターとして、整形外科、リハビリテーション科と協力しながら診療を行います。

2018年度 原著論文(和)

原著論文(日本語)

  1. 並木夢子, 倉沢和宏, 田中彩絵, 山崎龍太郎, 岡田春告, 新井聡子, 大和田高義, 前澤玲華, 有馬雅史. 腸管壊死と多臓器虚血をきたしたEosinophilic Granulomatosis with Polyangiitisの一例 関東リウマチ51号;64-68,(2018)

解説・総説

1.アレルギー用語解説シリーズ タイプII免疫(type II immunity)(解説)

  • Author:有馬 雅史(獨協医科大学 リウマチ膠原病内科)
  • Source: アレルギー (0021-4884)67巻3号 Page225-226(2018.05

2.膠原病に対する免疫チェックポイント阻害薬の使用について

多彩なirAEが起きうることに注意を払いながらフォローしていくことが必要。

川畑仁人, 倉沢和宏. 日本医事新報4920; 61-63: (2018.08)

3.線維化病変をきたす膠原病合併間質性肺疾患(CTD-ILD)に対する抗線維化薬の使用 

慢性進行型CTD-ILDに対しては、その進行と急性増悪を抑制する可能性が高い.

 倉沢和宏, 田中良哉.日本医事新報4912;58-59: (2018.06)

4.【リウマチ性疾患の肺病変】

新井聡子, 倉沢和宏. 強皮症の肺病変.リウマチ科60 : 47-54 :(2018.07)

TEL 0282-87-2506 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く) 0282-87-2496(医局)

PAGETOP
Copyright © 獨協医科大学 リウマチ・膠原病内科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.